少林寺拳法 渋谷笹塚道院 HOMEPAGE

- 金剛禅総本山少林寺 -

渋谷笹塚道院
 

お問合せ   道場の沿革   連絡掲示板   大会成績   リンク   拳士専用   サイトマップ

少林寺拳法 渋谷笹塚道院 HOME少林寺拳法とは練習内容拳士紹介
 

 


少林寺拳法とは

 
 


- 少林寺拳法の起源 -

 1947年(昭22)、開祖・宗 道臣(1911〜1980)が創始。
 宗道臣は、中国で学んだ拳技をもとに、みずからの理論による独自の拳法を編み出し、これを「少林寺拳法」と命名しました。
 当時の日本は敗戦による混乱から秩序がすたれていましたが、宗道臣は少林寺拳法を人づくりの手段として用い、「自己確立」と「自他共楽」の教えを説くとこで、健全な青少年の育成を目指しました。

 

- 護身の技術 -

 少林寺拳法は、剛法、柔法、整法(整骨等)の三法二十五系より成り立ってい ます。突き・蹴り(剛法)も、抜き・投げ・固め(柔法)も、その技法は守りからの反撃となる護身の技術です。
 体格の大きさや力の強さに頼らずに相手を制することができるよう合理的に構成されています。

 

- 武道として -

 武道の「」という文字は「二」「戈」「止」からなる会意文字です。二つの戈を止める、つまり両者間の争いを止めることがの本義であり、そのための技術が武術です。
 しかし、それを使う人の在り方、用い方次第では武器にも凶器にもなりえます。技術を使う人の判断を誤らないためにも、武術を修めるにあたっては心を養うことが必要です。

 

- 人づくりのための「行」 -

 少林寺拳法には、勝敗を争う試合はありません。
「半ばは自己の幸せを 半ばは他人の幸せを」……これが少林寺拳法の理念を表した宗道臣の言葉であり、少林寺拳法の基本的な姿勢です。
 技術を身につけることで、イヤなものはイヤと言える自信 と勇気を手に入れ、なおかつ、人と人とが協力し合うことの楽しさと大切さを学ぶことで、肉体面や精神面を養うことを修練の目的としています。

 

少林寺拳法に関する詳しい情報は 少林寺拳法 公式サイト を ご覧ください

 

少林寺拳法とは TOPへ
 

 

渋谷笹塚道院HOME    少林寺拳法とは    練習内容    拳士紹介
お問合せ   道場の沿革   連絡掲示板   大会成績   リンク   拳士専用   サイトマップ